心電図検定の勉強法 〜4級編〜

心電図検定,4級,勉強法
スポンサーリンク

 
心電図検定は日本不整脈心電学会が主催する、

心電図に関する知識をはかる検定です。

心電図に興味がある人なら誰でも受験することができ、

試験に向けて勉強することで、現在より確実に心電図が読めるようになります。

そこで今回は心電図検定4級を受験する方向けに、難易度や勉強法を紹介していきたいと思います。

心電図検定4級の難易度

2019年度(第5回)心電図検定から、4級が新たに開始されました。

それまでは3級のレベルが「心電図の基礎的な判読力を有するもの」だったのですが、

4級が開始されたことで難易度が1つ上がり、

「心電図の基礎〜中等度の判読力を有するもの」となりました。
 
 
 
つまり今の4級のレベルは、以前の3級に近いレベルに上がってしまったのか?

と思うかも知れませんが、決してそんなことはありません。

実際に4級を受験した学生から聞いた話では、基礎的な問題がほとんどで、

回答に悩んだ問題が数問あった程度だそうです。

学生にこそ心電図検定4級を受けてもらいたい

学生のうちから心電図の勉強をすることは抵抗に感じると思います。

しかし心電図検定4級は学生にこそチャンスがあるのです。

その根拠を順に説明しますね。
 
 
 
1.所詮は机の上での試験。臨床で経験する知識なんかなくてもOK。

心電図検定の試験問題は心電図をみて、用意されている5つの選択肢から

1番正しいものを選ぶだけです。

その答えとなるワードをしっているかどうかで決まります。

出題される問題、選択肢は基礎的なものが多いので

臨床で経験する知識は重要ではありません。
 
 
 
2.時間がある

学生は別の試験勉強やバイトで忙しいから時間なんてなんてないよ!

と思うかも知れません。

でもちょっと待ってください。

働きだしてからはレポートやその日の復習、次の日の予習、

体力温存のために睡眠時間を確保しなきゃならない、など

絶っっ対に学生の頃より忙しくなっちゃいます。
 
 
 
3.就職してから周りとの差を実感できる

心電図検定は、当然ですが自分で申し込んで自分で勉強し受験するものです。

誰かから強制されるものではありません。

自分から挑戦して勉強した事実はしっかり自分の中に残ります。
 
 
 
不合格でもいいんですよ。学生のうちに心電図検定の勉強をしておけば、

就職してから周りとの差にビックリしますよ。

心電図検定4級の勉強法

スポンサーリンク

 
私がオススメする勉強法は2つです。

それは【公式問題集2級/3級】と【病気が見える循環器】です。
 
 
 
まずは公式問題集を使って心電図の問題を解く事に慣れることが必要です。

残念ながら4級の公式問題集はまだありません。

しかし第4回心電図検定までは4級はなく、3級が1番ベーシックなレベルでした。

当時の3級受験者は2級/3級の問題集をつかって勉強していたので、

今からの4級受験者もこれを使うことをオススメします。
 
 
 
初めはサッパリ分からなくても大丈夫です。

答えをみて、「こういう形の心電図は、こういう所見を表しているんだ〜」

くらいに思えばOKです。
 
 
 
次に病気が見える循環器の、心電図のページを開きます。

この教科書は心電図の基礎について、とても詳しく、分かりやすく書いてあります。

公式問題集で理解できなかったところは病気が見える循環器で確認してみてください。

ほとんどの内容の解説は、この病気が見える循環器に載っているハズです。
 
 
 
最近ではYouTubeで心電図検定の練習問題がアップされていますが、

これは正直4級のレベルよりも上です。

自信を失いかねないので私はオススメ出来ません。
 
 
 
最後に【病気が見える循環器】は心電図だけでなく

心臓血管系や解剖、薬、病態などほんとうに幅広く、そしてやさしく書かれています。

就職してからも多くの場面で使える教科書です。

私は今でも繰り返し読んでいます。

是非学生のうちから買っておいてほしいです。
 
 

日本不整脈心電学会 心電図検定委員会(著,編集)
 
 
医療情報科学研究所(編集)
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください