透析技術認定士を目指すあなたへ 申込みから合格発表までのスケジュールを解説

透析技術認定士を目指すあなたへ 申込みから合格発表までのスケジュールを解説

透析技術認定士の資格を得る為には半年以上に渡り、申込み・講習会・試験勉強などのステップを踏まなければなりません。各申請書ダウンロードサイトは期間を過ぎるとページが更新されていきますし、書類がなかなか郵送されてこないと不安になってきます。そこで申込みから合格発表までの手順とスケジュールを分かりやすくまとめましたので参考なれば幸いです。

【①経験年数を確認しましょう】

・講習会の受講資格として透析療法の実務経験が必要となります
・臨床工学技士:2年以上
・看護師:2年以上
・准看護師:高卒3年以上 中卒4年以上
 
 
 

【②講習会の申請書類をダウンロードしましょう】

・ダウンロード期間は8月〜9月
・ダウンロード期間を過ぎると申請書類を入手することができなくなります。
 
 
 

【③講習会の受講申請をしましょう】

・申請期間は9月中旬〜10月初旬
・定員は会場講習またはe-ラーニング含め1300名
・定員に達した場合は受付期間内であっても申込受付が終了してしまいます
・受講料32000円
・会場受講+e-ラーニングの両方を希望する場合は受講料48000円
 
 
 

【④ID、パスワード通知書、講習会テキストが郵送されてくるのを待ちましょう】

・受講申請をしてからかなり間があきますが、1月下旬には郵送されてきます
・試験勉強が不安だと感じたら、前年のテキストを購入し、早めに勉強しておきましょう。
 テキストは本屋やネットで購入する事が可能です。

血液浄化療法ハンドブック 2018

新品価格
¥5,940から
(2018/4/20 23:39時点)


 
 
 

【⑤会場講習会またはe-ラーニング講習を受講しましょう】

・会場講習会は2月下旬に開催されます
・e-ラーニングは3月中旬〜4月中旬まで受講可能です
 
 
 

【⑥認定試験の受験申請を行いましょう】

・講習の受講が完了すると認定試験申請書類が郵送されてきます
・受験料は10000円
 
 
 

【⑦試験勉強をしっかりしましょう】

・テキスト、e-ラーニング、過去問題集を使うと効率的です。

透析技術認定士受験必修再現過去問集 2018年度版

新品価格
¥3,300から
(2018/4/20 23:42時点)


 
 
 

【⑧試験】

・試験は5月中旬〜下旬の日曜日
・試験会場は東京都内なので、遠方から受験される方は宿泊先を早めに確保しましょう
 
 
 

【⑨合格発表】

・合格発表の時期は7月〜8月頃、結果が郵送されてきます
・財団法人医療機器センターのホームページからも番号を確認する事が出来ます。
 
 


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です