透析技術認定士 更新の新制度・基準についてわかりやすく解説します

透析技術認定士 更新の新制度・基準についてわかりやすく解説します

平成30年10月1日より透析技術認定士 認定更新制度が変更になりました。透析技術認定士のホームページでも詳しく紹介されていますが、項目が多くて分かりづらいという声をよく耳にします。私の職場でも透析技術認定士の資格を持ったスタッフが数名いますが、更新の条件や寄与点数についての質問をよく受けます。今後更新をする予定のある方に向け、なるべくわかりやすく更新の新基準についてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。


 
 

透析技術認定士の基準を定める委員会

透析技術認定士という資格を定めている委員会の構成を紹介します。この構成を理解すると、更新ポイントの点数割がよりわかりやすくなります。
 
 
【母体学会】
・日本腎臓学会
・日本泌尿器科学会
・日本人工臓器学会
・日本移植学会
・日本透析医学会
 
 
【準母体学会】
・日本臨床工学会
・日本腎不全看護学会
 
 
【関連学会】
日本生体医工学会、日本医工学治療学会、日本血液浄化学会、日本腹膜透析医学会、日本ハイパフォーマンス・メンブレン研究会、日本フットケア学会、日本腎不全外科研究会、日本透析医会、長時間透析研究会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、日本HDF研究会、日本アクセス研究会、日本サイコネフロロジー研究会、日本腎と薬剤研究会、在宅血液透析研究会、透析療法従事職員研修
 
 
 

新制度 学会への出席・筆頭発表等をした際の取得点数が大幅に変更されました

5年間で「母体学会に出席すること」、「点数を50点以上保有すること」なのは同じです。変更された点は主に、学会に出席・筆頭発表をした際の取得点数です。
 
 
【母体学会への出席・発表の変更点】
・変更前
 学会出席点 10点
 筆頭発表点 10点
 共同発表点 5点
 学会機関紙への論文筆頭発表点 10点(共同発表 5点)
 
 
・変更後
 学会出席点 10点
 筆頭発表点 30点
 共同発表点 5点
 学会機関紙への論文筆頭発表点 30点(共同発表 5点)
 
 
※更新制度変更後、母体学会で筆頭発表をすれば、出席点と筆頭発表点の合計で40点を取得できます。更に「5年間で母体学会に参加すること」の条件もクリアすることが出来ます。
 
 
 
【準母体学会への出席・発表の変更点】
・変更前
 学会出席点 10点
 筆頭発表点 10点
 共同発表点 5点
 学会機関紙への論文筆頭発表点 10点(共同発表 5点)
 
 
・変更後
 学会出席点 10点
 筆頭発表点 なし
 共同発表点 なし
 学会機関紙への論文筆頭発表点 なし
 
 
平成30年10月1日以前は、例えば日本臨床工学技士会で筆頭発表した場合、合計で20点が取得できていました。しかし変更後は筆頭発表に対するポイントは無くなってしまったので、発表をしようがしまいが出席点の10点しか取得できなくなりました。
 
 
 
【関連学会への出席・発表の変更点】
・変更前
 学会出席点 5点 
 筆頭発表点 5点
 共同発表点 2点
 ワークショップ・シンポジウムの座長あるいは演者点 10点
 教育講演演者点 20点
 学会機関紙への論文筆頭発表点 30点(共同 12点)
 
 
・変更後
 学会出席点 5点
 筆頭発表点 なし
 
 
関連学会についても変更後は出席点の取得のみ可能となってしまいました。
 
 
 
【その他教育委員会に申請し認められた学会・研究会・講習会・セミナー等】
・変更前
 各会によって出席点(1〜5点)が決められていました。
 https://touseki.jaame.or.jp/iinkai/tensuu.phpから確認できます。
 
 
・変更後
 現時点で取得点数はなし
 
 
 
【日本臨床工学技士会で認められているセミナー】
・変更前
 各会によって出席点(3〜10点)が決められていました。
 https://touseki.jaame.or.jp/iinkai/tensuu.phpから確認できます。
 
 
・変更後
 現時点で取得点数はなし
 
 
 
【認定証有効期間内に別資格を取得または更新した者への免除】
以下に並べる認定資格を新たに取得・更新すれば、その更新年の更新基準はクリア出来たものとしてもらえるようになりました。
 
・日本臨床工学技士会認定「血液浄化専門臨床工学技士」
・日本腎不全看護学会認定「慢性腎臓病療養指導看護師」(旧 透析療法指導看護師)
・日本看護協会認定「透析看護認定看護師」
 
 
 
【日本腎不全看護学会で認められているセミナー】
日本腎不全看護学会・日本透析医学会・日本腎臓学会・日本移植学会・日本泌尿器科学会・日本腹膜透析医学会の6学会が合同で認定する「慢性腎臓病療法指導看護師」認定試験の受験資格要件で、別途定める「地方会登録一覧表」に記載のある講習会・セミナー等で、慢性腎臓病療法指導看護師と同ポイントが透析技術認定士の更新ポイントとして取得できていました。しかし、更新制度変更後にこの項目はなくなりました。
 
 
 

変更のないもの

【更新のためのe-ラーニング講習会】
更新のためのe-ラーニング講習会を受講することで、点数を取得することが出来る点に変更はありません。
e-ラーニング受講完了後のセルフトレーニングテストに合格することで、更に点数が加算される点も以前と同様です。
 
・変更点なし
 e-ラーニング受講点数 30点
 セルフテスト合格点数 10点
 ※認定証の有効期限が4年と5年目の認定士が受講可です。
 
 
 

最後に

透析技術認定士だけでなくあらゆる資格の更新は、計画を立てて早め早めに仕度をしておくのがいいと思います。更新年になってから焦って学会に出席・発表しても点数が届かなかいことがあるのです。特に今回の更新基準の変更では準母体学会や関連学会での筆頭発表の加算点がなくなったことや、セミナー等への参加の加算点がなくなったことで、かなり厳しくなったと言えます。ちなみに更新基準変更以前に参加したセミナーなどで取得した点数は消失しないので、参加証や受講証明書は必ず保管しておきましょう。
 
 


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です