ECMOとPCPSの違い

ECMOとPCPSの違い

最近、ECMOとPCPSの違いはなんですかとよく聞かれます。施設によって様々な呼び方があると思います。医療現場では同じ治療や機器なのに呼び方が人によって違うといった事がよくあり、混乱させられます。今回は単純な意味でのECMOと、PCPSの違いについて解説します。


 
 

ECMOとPCPSの意味

ここでハッキリさせましょう。ECMOとPSCPS、その違いの答えは「やってるコトは同じ。言葉の表現が違うだけ」です!ECMOとは、「体外式の、膜型人工肺による、酸素化」という意味となるExtraCorporeal(体外式の)Membran(膜型人工肺)Oxgenation(酸素化)の頭文字をとったもの。
対してPCPSとは、「経皮的な、心肺の、補助」という意味になるPercutaneous(経皮的)
Cardio(心臓)Pulmonary(肺)Support(補助)の頭文字をとったものになります。どっちの表現でも心臓と肺の機能を補助する治療ということは変わりませんが、どちらかと言うとECMOは「人工肺を使って心肺を補助していますよ」という部分を強調し、PCPSは「経皮的に心肺を補助していますよ」という部分を強調しています。
 
 

海外での考え方

もともと海外では昔からPCPSという呼び方はせず、ECMOで統一されています。そこからさらにVA-ECMO,VV-ECMO,central ECMOといった呼び方で区別しています。これらについてはまた次の機会に説明しようと思います。日本では逆にPCPSという呼び方が主流でしたが、最近では海外の医療に遅れをとらないようにと、ECMOという呼び方に統一してきている施設が多いようです。ちなみにPCPSという表現を使っているのは日本と韓国だけらしいですよ。
 
 

オススメの教科書

ECMOとPCPSの違いの詳しい説明はもちろん、ECMOの原理、管理法、生理についても詳しく書いてあります。一見ムズかしそうなタイトルですが、写真やイラスがかなり多く載っていて非常に分かりやすいですよ!ECMO症例を経験する機会がある方にとってのバイブルとなり得る一冊です。
 
 


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です