【発表】臨床工学技士の年収はいくら?

臨床工学技士の年収
スポンサーリンク

 
前回に引き続き、臨床工学技士×お金の話です。

前回は現役臨床工学技士である私の給料(月給)を公開しましたが、今回はボーナスも含めて計算した私の年収を発表したいと思います。

今回も、進路・就職・転職を考えている人がいれば、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

臨床工学技士の待遇

一般的に臨床工学技士の待遇は、他の医療職に比べて良くはないと言われています。

もちろん勤務先の施設や部署、勤務形態によって違いは様々だと思いますが、年収で言うとだいたい平均して、

20代で300〜400万円、
30代で400〜500万円、
40代で500〜600万円、程度だと思います。

最近では臨床工学技士の数や業務量も増えてきて、臨床工学技士が中心となって運営する医療機器のセンター化や臨床工学専門部署などの発足も増えてきています。

これにより臨床工学技士が担う役職も必要となってくるので、40〜50代以降で役職に就いている臨床工学技士の方は、けっこう良い給料を貰っているのではないかと思います。
 
 

臨床工学技士の賞与

臨床工学技士のボーナス

こちらは、私が現在勤務している病院からもらっている夏のボーナスの明細書です。

総支給額は53万9880円でした。

この合計金額の約54万円から保険料と税金が引かれて、手元に残るもの(手取り)は44万4176円となりました。

多いでしょうか?少ないでしょうか?
 
 
ボーナスは夏と冬に1回ずつあります。

写真にあるのは夏のボーナスで、冬のボーナスもほとんど同額でした。

1回のボーナスが約54万円で、これが年2回ありほぼ同額なので、単純計算で1年間のボーナスの総支給額の合計は108万円です。
 
 
ちなみに支給額の内訳にある期末手当とは、民間企業における基本給連動型の特別給料の様なもので、定率で支給される賞与になります。

よく給料◯ヶ月分と表現されるアレです。

1回のボーナスの期末手当が約32万円で、これが年2回ほぼ同額なので、64万円。

私の現在の月給が前回の記事の通り23万7500円なので、いわゆる定率は2.69。

私のボーナスは給料の2.7ヶ月分です。

これは一般的に3〜3.5ヶ月分くらいのところが多いんじゃないかと思うので、少ない方かも知れません。

ただし、内訳の勤勉手当(個人の勤務成績に対する評価によって変動のある賞与)が多めについていてるので特に不満に思ったことはありません。
 
 

臨床工学技士の年収

ここまで臨床工学技士の月給とボーナスについて発表してきました。

それではこれらを全て合計して、年収を計算してみたいと思います。
 
 
月給については残業やオンコール対応した回数が月によってバラバラなのである程度は変動します。

これらの合計金額に年2回のボーナスを加えて、合計は517万円でした!

これは手取り額ではなく、全ての総支給額(保険料や税金などの控除が引かれる前)の合計です。
 
 
どうでしょうか。

これが30代現役臨床工学技士のリアルな年収です。

もしかするとこれを見て、臨床工学技士の年収って安いなぁ。と思う方もいるかも知れません。

しかし、臨床工学技士は結構な可能性を秘めた職業で、その年収を上げる方法もたくさんあります。

その方法を次の記事にまとめているので、よかったら参考にしてみてください。

 

最後に

スポンサーリンク

 
いかがでしたでしょうか?

個人的には臨床工学技士の業務・能力・責任からしても、もう少し高くてもいいのにな、とは思っています。(欲張りですかね?汗)

しかし私たちは給料のためだけに働いているわけではありません。

もちろん家族のため、生活のためにお金を稼ぐことは大切です。

しかし、私たちは医療のスペシャリスト・プロフェッショナルとして、仕事を通して患者の命と安全を守り、そして自分自身も成長していく事も同じくらい大切だと思っています。

給料目的だけで仕事や職場を選んでいては、きっと長くは続かないでしょう。

私はこれからも臨床工学技士としてこの仕事を続けていきたいと思います。

これから臨床工学技士を目指す学生、就活を行っている方たちへの参考にもなれば幸いです。
 
 

 
 
 
うまく説明できていましたか? 参考になった場合は「いいね!」「シェア」「ツイート」などで教えて下さい!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください