体外循環開始時のinitial dropについて その対応策と予防法

initial drop,人工心肺,対策
スポンサーリンク

 
体外循環を開始すると、血行動態が低下します。

これは体外循環時のinitial drop(初期血圧降下)と呼ばれるものです。

なぜこのような事象が生じるのかそのメカニズムと対応策・予防法について解説します。

 
 

initial dropの原因

1.脱血過多による血管内ボリュームの低下
脱血量が多く血管内ボリュームが低下すると血圧も維持できにくくなります。
 
 
 
2.血液の希釈による血液粘性の低下
血液はヘモグロビンによって粘性を保っていて、ある程度の血圧を維持しています。

プライミング液が体内に入り血液が薄まることで、粘性が低下し血圧は低下します。
 
 
 
3.カテコラミンの減少による末梢血管抵抗の低下
プライミング液が体内に入ることで血液は希釈され、相対的にカテコラミンの分布も下がります。
 
 
 
4.肺代謝産物の温存
本来、血液肺循環によって血管拡張作用のあるプロスタグランジンは代謝され、全身循環へと流れます。

右房で脱血し、大動脈に送血された血液はプロスタグランジンを温存しているので、血管が拡張し血圧が低下します。
 
 
 
5.血液が異物と接触することで起きる血管拡張
ブラジキニンは血管拡張をきたす血管作動性ペプチドと呼ばれる物質です。

体外循環を開始し、血液が異物と接触することで凝固カスケード反応が進みますが、その過程で生成されるブラジキニンもinitial dropの原因とも考えられています。
 
 

initial drop時の対応

スポンサーリンク

 
initial dropへの対応は状況によって異なるので、その時々のバイタルに注目し対処することが大切です。

血圧を上げる手段としては、

1.脱血量を抑え、自己肺への循環を維持する
 
2.温度コントロールによって血液温を下げ、血液粘性を上げる
 
3.Flowを増やす
 
4.薬剤によって末梢血管抵抗を上げる
 
 
などが考えられます。

また対処というよりは対策として、プライミング液に血液を充填し体外循環を開始することで、血液希釈の予防・血液粘性の維持が可能なことからinitial dropを軽減することが出来ます。

さらに、血液充填を行う小児症例において、充填された血液に対して血液濾過を行い溶質除去された充填血液回路で体外循環を開始したところ、

initial dropはなくなり血行動態の改善・浮腫の軽減に有効であったと報告されています。
 
 

 
 
四津 良平 (編集), 平林 則行 (編集)
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください