動脈の酸素分圧(PaO2)100mmHgの理由と、空気中の酸素分圧について

酸素分圧,PaO2
スポンサーリンク

 
血ガスを測った時、特に注目する項目はPaO2ではないでしょうか。

PaO2の正常値は100mmHgというのは知っていますね?

ではなぜ100mmHgなのでしょう。

これを空気中の酸素の値から4つの式で説明します。

 
 

PaO2を導く為の公式

 
①760mmHg×21%=160mmHg
②(760-47)mmHg×21%=150mmHg
③150mmHg—40mmHg=110mmHg
④110mmHg—10mmHg=100mmHg
 
 
 
数値だけで式の内容を理解できる方は下の説明を飛ばして下さい。

実はこれらの式はすべて酸素分圧に関する式です。
 
 

760mmHg×21%=160mmHg

私達は大気圧と呼ばれる760mmHgの気圧の中で生活しています。

空気中の酸素の濃度は21%なので、空気中には160mmHgの酸素分圧が存在します。

例えば富士山に登って酸素が薄いと感じるのは、酸素濃度が低いわけではなく、気圧(760mmHg)が低いが為に酸素分圧が低いからです。

酸素の濃度は山の頂上でも地上でも同じ21%です。
 
 
 

(760-47)mmHg×21%=150mmHg

私達は呼吸すると、その空気は体温の温度まで加温されます。

空気は37℃まで加温されると47mmHgの飽和水蒸気圧となります。

呼吸生理では上気道で加温加湿されることを前提として計算します。
 
 
 

150mmHg—40mmHg=110mmHg

上記の説明で私達が吸い込む空気の酸素分圧(吸入気酸素分圧)は150mmHgであることはわかりました。

吸い込んだ空気は次に肺胞まで届けられます。

肺胞の中まで到達した空気の酸素分圧は肺胞気酸素分圧といいます。

肺胞の中には体から排泄すべき二酸化炭素が、正常値では40mmHgほど存在します。

届けられた150mmHgの酸素分圧は40mmHgの二酸化炭素分圧によって押し出されてしまいます。

後に残る肺胞気酸素分圧は110mmHgとなるのです。
 
 
 

110mmHg—10mmHg=100mmHg

スポンサーリンク

 
肺胞にある酸素は毛細血管を介して動脈血中に移動します。

この時A-a DO2というシャントがどんな健康な人にも存在するので、110mmHgの酸素分圧が全て移動するわけではありません。

A−aDO2の正常値は10mmHgなので、動脈血に移動する酸素分圧は100mmHgとなるのです。

 
 
式の理屈は説明を一度理解してしまえばカンタンです。

問題は時間が経つと数値を忘れてしまうことです。

忘れたら何度でも確認して思い出して下さい。
 
 
参考にした資料:
イラスト付きで、小学生でもわかる様な説明でわかりやすく
すごくオススメです!
 
 

 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください