肺コンプライアンスとは? 静肺コンプライアンスと動肺コンプライアンスの違い

肺コンプライアンス
スポンサーリンク

 
肺コンプライアンスとは、いわゆる肺の柔らかさを数値で表したものですね。

様々な肺疾患を考える上で重要な項目となります。

そして肺コンプライアンスには、静肺コンプライアンスと動肺コンプライアンスの

2つの項目があるって知っていましたか?

今回は肺コンプライアンスの基礎、そして静肺コンプライアンスと動肺コンプライアンスの

違いについて考えてみたいと思います。

肺コンプライアンスの基礎

肺コンプライアンスとは、いわゆる肺の柔らかさのことを言います。

少し医学的な言い回しをすると、圧変化に対する容量変化のことです。
 
 
そもそも「コンプライアンス」とは弾性を示す概念であり、これを肺に焦点を当てて考えると

その伸びやすさ、柔らかさを示す指標になります。

肺コンプライアンスの値が大きいことは、肺が膨らみやすい事を意味し、

肺コンプライアンスの値が小さいことは、肺が硬く膨らみにくい事を意味します。
 
 
 
肺コンプライアンスは計算で求める事ができます。

肺コンプライアンス(C)=量の変化(⊿V)÷ 圧の変化(⊿P)
 
 
人工呼吸器装着患者では、気道内圧と肺気量が呼吸器のモニター上に表示されていますね。

その値から計算して肺コンプライアンスも表示できます。
 
 

静肺コンプライアンスとは

静肺コンプライアンスとは、呼吸を意図的に止めて気流のない状態で測定される値です。

表記は【Cst:Compliance static】
 
 
正常値は教科書によって様々ですが、一般的に40〜50mL/cmH2Oとされています。

これよりも値が低ければ、肺コンプライアンスが低い、つまり肺が硬いと考えます。
 
 
吸気気道流量を積分した1回換気量(VT)と気道内圧変化(プラトー圧ーPEEP)から

Cst = VT ÷(プラトー圧ーPEEP)より計算できます。

肺コンプライアンス,プラトー圧
 
 

動肺コンプライアンスとは

これに対し動肺コンプライアンスとは、連続的な換気中の圧・量曲線から求める値です。

文字通り、連続的に動いている(呼吸している)肺に対するコンプライアンスです。

表記は【Cdyn:Compliance dynamic】

動肺コンプライアンスの正常値は静肺コンプライアンスよりも若干小さい程度です。

これは値を計算する上で、圧に肺と胸郭弾性成分、気道抵抗など様々な圧成分が含まれるためです。

計算式は、VT ÷(最高気道内圧ーPEEP)で求められます。

肺コンプライアンス,最高気道内圧
 
 
動肺コンプライアンスは呼吸回数を増やす程に(f=10回,20回,30回,40回,50回,60回)、

減少していきます。これをCdynの周波数特性と言います。
 
 
動肺コンプライアンスは、もっと正確に厳密に言うと、呼気開始点(FRC:機能的残気量レベル)と

吸気終了点(約0.5L吸気した時点)の間の肺気量の差と圧の差との比から求めます。

そして換気量は400〜500mLと一定になる様にし、呼吸回数を変化させてその影響を観察します。
 
 

静肺と動肺コンプライアンスの違い

スポンサーリンク

 
静肺コンプライアンスと動肺コンプライアンスを見比べて、何が分かるのかと言うと、

①末梢気道の閉塞性換気障害
②換気の不均等分布

の有無を調べる事ができます。

呼吸回数が増えると、動肺コンプライアンスの値は静肺コンプライアンスよりも小さくなる

と説明しましたね。

呼吸回数が60回の時の動肺コンプライアンスの値が静肺コンプライアンスの値の80%以下だった場合は、

周波数依存性があると判定し、上記①、②の疾患が疑われます。

肺コンプライアンス
 
 
呼吸数が増えると動肺コンプライアンスが静肺コンプライアンスより低くなるのはなぜか?

それは、肺は完全に均一なものではなく、部位によって気道の空気の通りやすさと

肺胞の膨らみやすさが異なるからです。

肺疾患ではこの不均一性が増すため、静肺・動肺コンプライアンスの差が生じると考えられています。

もし肺疾患や人工呼吸器を勉強する機会があったら、この2つのコンプライアンスの差を

気にしてみると、呼吸生理についてもっと詳しくなれるかもしれません😊


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください