人気記事

スポンサーリンク

  1. ネーザルハイフロー,看護

    ネーザルハイフロー装着患者の管理・看護のポイント
      ネーザルハイフロー(NHF)は低侵襲ながらも高濃度・高流量な酸素を投与することができ、呼吸不全の病態の改善をはかる治療法です。 その有用性の高さから、一般病棟でも使用する機会が多いかと思います。 今回はそんなNH...

  2. 冠動脈の番号

    【どこからどこまでが何番?】冠動脈 AHA分類の正しい見分け方
      冠動脈の解剖はカテ室にてCAG(冠動脈造影検査)やPCI(経皮的冠動脈形成術)の治療に立ち会ったり、検査やPCI術後の管理を行う際に必ず分かる様になっておかなければならない必須の知識です。 もちろん外科的心臓手術である...

  3. ECMO,PCPS,違い

    ECMOとPCPSの違い
      最近、ECMOとPCPSの違いはなんですかとよく聞かれます。 施設によって様々な呼び方があると思います。 医療現場では同じ治療や機器なのに呼び方が人によって違うといった事がよくあり、混乱させられます。 今回...

  4. 酸素解離曲線,右方移動

    酸素解離曲線が右方移動・左方移動する理由と、ヘモグロビン酸素親和力について
      前回の記事で酸素解離曲線はヘモグロビンに結合している酸素が解離し組織に酸素を受け渡すことと説明しました。 この結合する力をヘモグロビン−酸素親和力といいます。 ヘモグロビン−酸素親和力が弱くなれば酸素解離曲線は右...

  5. CHDF,CHD,違い

    【図説】CHDF・CHD・CDFの違いと選択理由について解説
      集中治療室において、溢水や急性腎障害(AKI:Acute Kidney injury)に対しての腎代替療法(RRT:Renal Replacement Therapy)は確かな有効性を持って治療の1つです。 RRTの方...

  6. 透析で使用される抗凝固薬まとめ

    【まとめ】透析で使用する抗凝固薬4種の半減期や使い分けについて
      血液は異物に触れると凝固するという性質がありますね。 血液浄化や人工心肺など血液が異物と接触することを前提とする治療では、抗凝固療法が必須となります。 現在日本で透析療法を行うにあたり、使用の認可がとれている抗凝...

  7. ダイアライザー(透析膜)

    【使い分け】ダイアライザー(透析膜)の種類と特徴など解説します。
      血液透析ではポンプを用いて体外に取り出した血液を、人工腎臓の役割を果たすダイアライザー(透析膜)に通すことで血液中の不純物を浄化します。 ダイアライザーにはたくさんのな種類があり、特徴も様々です。 あたなの施設で...

  8. 呼吸療法認定士,過去問,例題

    【呼吸療法認定士】過去問の傾向と絶対に外せない問題(例題あり)
      3学会合同呼吸療法認定士 認定試験まで1ヶ月を切りました。 皆さん試験勉強は進んでいるでしょうか? 今回は最後の復習として絶対に外せない問題をピックアップしていきます。 例題も作ってみたので、是非挑戦してみ...

  9. 冠動脈,LAD,LCX

    左手1本で分かる!【冠動脈造影】 左手の法則 〜LADとLCXの見分け方〜
      こんにちは。臨床工学技士の岡井です。 カテ室で勤務しはじめたばかりの看護師さんや研修医の方、臨床工学技士さんや放射線技師さん達が、循環器領域ではじめにつまずくのは冠動脈造影(CAG)ではないでしょうか? おそらく...

  10. 人工心肺,オクルージョン,方法

    【人工心肺】ローラーポンプのオクルージョン(圧閉度)調整の方法
      人工心肺装置のメインとなる血液ポンプにローラーポンプを選択する場合、オクルージョン(圧閉度)テストが必要です。 その方法は施設によって様々ですが、現在JIS(日本工業規格)で定められている方法を紹介します。 &n...

スポンサーリンク