PCIの合併症、Slow Flowが起こる原因と対処法 

PCIの合併症、Slow Flowが起こる原因と対処法 

PCIにおけるSlow Flowとは、「各種デバイスの通過および拡張によって狭窄が解除されたにもかかわらず、解離などの機械的な閉塞なしに標的血管の順行性血流が遅延する現象」とされています。PCI中にSlow Flowが起こると、多くの場合は胸痛が生じたり、心電図でも虚血性の変化が生じます。以下にSlow Flowの原因や注意するべき病態をリストアップします。


 
 

冠動脈末梢の微小閉塞

デバイスの通過や拡張の際にプラークや血栓が剥がれ、末梢まで飛んでしまうと末梢血管の微小塞栓を招きます。なので末梢に飛びやすい脂質性プラークに富む血管に対するPCIでは注意が必要です。また、ローターブレータを使用した場合にもSlow Flowが起こりやすいとされています。ローターブレータのダイヤモンドチップが削った石灰化のカスが末梢へと流れていくと塞栓を起こすからです。ローターブレータを使用する場合はノルアドレナリン、ネオシネジン、ニトログリセリン、ベラパミルなどの混合液の用意が必要です。
 
 

病変部位のPositive Remodelingを認める場合

Positive Remodeling(ポジティブリモデリング)とはプラーク増大に伴い血管が対象部位よりも明らかに拡張していることです。Positive Remodelingは不安定プラークの特徴の一つと言われているので末梢塞栓をきたしやすい病変と言えます。
 
 

下流域の冠動脈スパスム

冠動脈スパスムとは冠動脈が攣縮(けいれん性の収縮)を起こす現象です。スパスムが起こると冠動脈は細く収縮し、冠血流も減少します。冠動脈攣縮の既往を持っている方や、もともとスパスティックな血管の人にPCIを行った場合はSlow Flowが起こるかもという心づもりで症例に立ち会うといいかも知れません。
 
 

CABG後の静脈バイパス血管

大伏在静脈などの静脈血管でCABGを行っている場合は注意が必要です。静脈バイパス血管は血栓やデブリス(組織片)が多く、これが抹消に飛ぶとSlow Flowの原因となります。
 
 

Slow Flowの対処

Slow Flowが起こってしまった場合、通常はシグマートやニトロプルシドの冠注・輸液を行います。それでも血行動態が崩れてしまった場合はIABPなども考慮しましょう。しかし大切なのは、症例毎に起こりうる合併症の原因や対策を常に考えてバルーンやフィルターを考慮して手技を行い、そもそも合併症を起こさないことを念頭におくことかなと思います。
 
 

確実に身につくPCIの基本とコツ 第3版~カラー写真と動画でわかるデバイスの選択・基本手技と施行困難例へのテクニック

新品価格
¥9,504から
(2019/2/7 23:04時点)

WCCMのコメディカルによるコメディカルのための「PCIを知る。」セミナー: つねに満員・キャンセル待ちの大人気セミナーが目の前で始まる!

新品価格
¥3,024から
(2019/2/7 23:05時点)


One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です