正しい冠動脈の番号と見分け方

正しい冠動脈の番号と見分け方

カテ室にてCAGやPCI業務に立ち会う時に必ず理解しておかなければならない冠動脈の番号。集中治療室でもPCI後、バイパス術後の患者さんを診る上で何番を治療したのか把握しておくことは重要です。透視を見ても自分で評価ができない人、臨床での呼び名・細かい枝に翻弄されている人向けに、正しい番号と見分け方を説明をします。

 
 

右冠動脈(RCA:Right Coronary Artery)

Step①

#1 【RCA起始部 〜 鋭縁部までを二等分した近い方】
#2 【RCA起始部 〜 鋭縁部までを二等分した遠い方】
 
・鋭縁部とは字の通り、鋭く曲がった縁(フチ)の部分
・透視の角度により二等分がわかりにくい場合、右室枝(RV:Right Ventricular)が二等分の辺りから伸びているので目印にするとよい
・鋭縁部の辺りからは鋭角枝(AM:Acute Marginal)が伸びているのでここも目印にするとよい
 
 

Step②

#3  【鋭角枝(AM)〜二股に分かれる所まで】
#4AV 【二股に分かれ、左房室の方へ向かっている枝】
#4PD 【二股に分かれ、心尖部の方へ向かっている枝】
 
・AVとはAtrio-Ventricularつまり「房室結節枝」
・PDとはPosterior-Descendingつまり「後下行枝」
・透視上でAVとPDの区別は、上にある方が4AV、下にある方がPDと目星をつけるとよい
 
 

左冠動脈(LCA:Left Coronary Artery)

Step③

#5 【LMT:Left Main Trunk の部分】
 
・LCAの起始部からLAD、LCXの分岐部までと覚える
 
 

Step④

#6 【#5 〜 第1中隔枝の出る所まで】
#7 【第1中隔枝 〜 第2対角枝(#10)まで】
#8 【第2対角枝(#10)〜 LAD末梢まで】
 
・LADから向かって見て左に伸びている枝が中隔枝、右に伸びている枝が対角枝である
・第1中隔枝とは字の通り、心臓の中隔に向かって伸びている大きな枝である
・第1中隔枝のことをFirst Major Septal Branchとも呼ぶ
・第2対角枝が確認できない場合は、
 #7 【第1中隔枝 〜 LAD心尖部までを二等分した近い方】
 #8 【第1中隔枝 〜 LAD心尖部までを二等分した遠い方】と判断する
 
 

Step⑤

#9 (D1)【第1対角枝】
#10(D2)【第2対角枝】
 
・対角枝はそれぞれダイアゴ(Diagonal)、D1、D2と呼ぶ場合がある
 
 

左回旋枝(LCX:Left Circumflex)

Step⑥

#11   【LMTから分岐した後 〜 鈍角枝(OM)まで】
#12(OM)【OM(LCXから分岐する初めの大きな枝)】
#13   【OMの分岐部 〜 後房室間溝を伸びる部分】
・OMとはObtuse Marginal  また鈍縁部とも呼ぶ
・後房室間溝とは字の通り、「心臓裏側の心房と心室の間の溝」
 
 

Step⑦

#14(PL)【#13 〜 側壁に伸びている枝】
#15(PD)【#13 〜 後壁に伸びている枝】
・#14は心臓の横っちょに伸びているのでPL:Postero Lateralと呼ばれる
・#15は心臓の側壁より後ろ側の「後壁」に伸びているのでPD:Posterior Descendingと呼ばれる
・#15がある人は約10%程度と言われている。その理由は#15が栄養する領域は、#4AVの栄養領域でもあるからである。
 
 

Spider View

Step⑧

ハイラテ 【左室側壁を栄養する枝】
・高位側壁枝(HL:High Lateral)という
・透視上ではLMTからLAD、LCX、ハイラテ、という様に3本の大きな枝が伸びているように見える
・#9よりもLMT側、または#12よりもLMT側にある大きな枝があるとHLの可能性が高い
・AHA分類で分類されていない血管のため、番号はない
 
 

最後に

全く教科書通りの冠動脈というのはありません。枝が長い人や短い人、太い人や細い人など様々です。
主要となる枝が狭窄している場合、側副血行路が伸びてさらに個性的な形となります。カルテをよく読み、
心電図12誘導・胸部症状・不整脈の有無などから総合的に評価することで正解に近づく事が出来ます。
しっかり覚えましょう。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です