auto PEEPの原因・悪影響・対処法まとめ

auto PEEP(内因性PEEP)とは、気管支狭窄などが原因で患者さんの呼気時間が長く、呼気を吐ききる前に次の吸気が送り込まれてしまい、呼気終末期に肺胞に陽圧が残っている現象をいいます。auto PEEPが発生することによってどのような事態が起こるのか?注意点、また対処法などをまとめてみます。


 
 

auto PEEPの原因

主な原因として 
 
①気道抵抗の上昇 
②呼気時間の短縮 
 
が挙げられます。さらに①が起こる原因として、慢性気管支炎による気道内分泌物・気管支喘息・気管支攣縮などがあります。ICUで挿管管理をしている患者さんで、このような既往がある患者は要注意です。
 
 

auto PEEPの悪影響

auto PEEP状態が続くと、死腔量が増加するので換気効率が悪くなります。また人工呼吸器のミストリガーの要因となってしまうので、同じく換気効率が悪くなります。Auto PEEPにより胸腔内圧が増加することで、心拍出量低下・低血圧など循環系にも影響を与えます。気胸の発生リスクも上昇します。
 
 

auto PEEP発生時の対処法

気道抵抗を下げるために吸気流速を速く設定しましょう。気道抵抗を下げる事が難しい場合は、呼吸回数を減らし呼気時間を延長します。またPEEPの設定を少しずつ上げていくと、気道が広がりauto PEEPはかからなくなります。
 
 


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です