IABPの導入は、患者さんが心不全に陥り循環動態が崩れかけている場合に行うことがほとんどですので、速やかな導入が求められます。そのためには医師、看護師、臨床工学技士の連携が必要であり、それぞれが共通の認識を持って臨むこと […]