ECMO中に起こる代表的なトラブル「プラズマリーク」が起こる理由や原因

ECMO中に起こる代表的なトラブル「プラズマリーク」が起こる理由や原因

ECMO中に起こる代表的なトラブル、ウェットラングに続いて、プラズマリーク(血漿リークともいいます)について解説します。これは人工肺の内部で、血液の成分から血漿液が漏れ出て(リークして)いることで起こる現象です。


 
 

プラズマリークのメカニズム

人工肺の膜には血液と酸素を隔てるとても薄い膜があります。さらに膜には0.05μmほどの微細な孔が開けられていて、この孔を介して血液に酸素が取り込まれているのです(シリコンを使った均質膜には孔は開けられていませんが、今は気にしなくていいです)。ここで一つ疑問が浮かびます。膜に孔が開いているなら、なぜ普段から血液が漏れ出てこないのか?導入したばかりの人工肺では、実際には漏れてはきません。なぜなら人工肺の膜の素材は水をはじく疎水性で出来ていて、さらに孔には表面張力が働いているからです。ただし、この膜の疎水性は時間の経過とともに失われていきます。プラズマリークとは長期間人工肺を使用し、膜の疎水性と表面張力が失われた時に発生します。膜の孔は0.05μm、赤血球の大きさは約7μmなので、赤血球は漏れ出ていくことなく血漿成分のみ漏れ出ていくというのがプラズマリークのメカニズムとなります。
 
 

対処法

プラズマリークが起こってしまった人工肺のガス交換能は著しく低下します。ウェットラングによるガス交換能の低下は一時的ですが、プラズマリークによるものはもとに戻ることはありません。早めの人工肺の交換を考慮した方がいいでしょう。
 
 


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です