ウェットラングが起こる理由や原因、O2フラッシュについて解説します

ウェットラングが起こる理由や原因、O2フラッシュについて解説します

ECMO中に必ずと言っていいほど起こるトラブルの一つであるウェットラング。ウェットラングが起こると血液(血液相)と酸素(気体相)を隔てる膜に水滴が溜まり、この部分ではガス交換がなされないのでガス交換効率が悪くなります。なぜこの様な現象が起こるのか解説します。


 
 

ウェットラングのメカニズム

人工肺へはガス配管から乾燥した酸素が室温(25℃)で流れ込んでいます。どのくらい乾燥しているかというと湿度0%です。人工肺の内部では血液が微小量気化され、この水分は膜を通過して気体相に放出されます。この時湿度は0%から99%へと変化し、血液温度に加温されます。その後、人工肺から排気されるガスが室温冷却されることにより水滴となるのです。これがウェットラングの正体です。例えるなら、冬の寒い日に部屋の中をヒーターで温め、ついでに加湿もしておくと、中と外の温度差で窓の内側には水滴がついていますよね。アレと同じ現象が起こっているのです。
 
 

O2フラッシュのメカニズム

効率の悪いガス交換能のままだと管理が難しくなるので、対処としてO2フラッシュを行います。これは人工肺内部に溜まった水滴を高流量の酸素フローで圧をかけて一気に吹き飛ばす作業です。ただし、これには注意が必要です。ECMO管理中、O2フローを調節することによって血液のPaCO2を調節しています。急にO2フローを上げると水分と一緒にPaCO2も吹き飛んでいってしまう恐れがあるのです。PaCO2の急激な低下は脳血管を収縮させ、脳血流量を減少させます。こうなるのを避けるために脳のrSO2をモニタリングしながら慎重にO2フラッシュを行うことをオススメします。
 
 


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です