ECMOとIABPを併用する治療効果、利点 欠点について

ECMOとIABPを併用する治療効果、利点 欠点について

循環器において極めて高い補助率を持つ生命維持装置、ECMOとIABP。稀ですがこの2つの装置を併用して治療を行うケースがあります。ECMOとIABPを併用することでどのような効果が期待できるのかまとめました。


 
 

併用の利点

・逆行性送血により増加した後負荷の減少
・遠心ポンプによる非拍動流送血の、拍動流送血化
 
 

併用の欠点

・バルーンの拡張による上肢への血流阻害
・バルーンの拡張による冠動脈への血流阻害
 
 
生理的な血流と同じ拍動流を作り出すことは、交感神経の抑制・腎血流量の維持・抹消循環の改善・冠血流量が得られやすくなるといった効果が期待できると言われています。しかし大腿動脈送血の場合、IABPのバルーン拡張時に頭側への血流は妨げられ、上肢(脳)への血流量は減少することがイメージできると思います。これは心機能が低く、ECMOの依存度が高いほど問題となります。さらに周知の通り冠動脈への血流は心臓の拡張期に流れやすく、バルーンは心臓の拡張期に膨らむので、必然的に冠動脈への血流は妨げられます。
ただしこれらは逆行性送血の場合であって、上行大動脈送血の場合だと心臓の拡張期圧増加により冠血流量は増加します。要はバルーンよりも上部から送血するか、下部から送血するかを使い分けることが大切だと感じます。
 
 

岡井さんの考察

後負荷減少や拍動流送血どうこうといった利点も、明確なエビデンスが少なく効果に関して不明な点が多いのが現状のようです。現段階で個人的には先に述べた併用による弊害のほか、出血源や感染源を増やしてしまうこと・血管損傷といったリスクを抱えてまでエビデンスの乏しい利点に期待するよりも、ECMO単独で十分な送血流量を確保することに留意した方がいいかもと感じます。
 
ECMO中の末梢循環の改善…。確かに望ましいことですが、何よりも早めに離脱することが大事ですよね。
 
 


One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です